50代からの腸活


子供の頃は50歳の大人というともう『おじさん・おばさん』みたいに思えたものです。
ですが今は違いますね。元気でアクティブな方、たくさんいらっしゃいます。
このまま若々しさを保つためにも、腸の老化を防ぐために腸活してください。

腸活セミナーで、50代から実践する腸活のポイントをご紹介しました。
50代からの腸活
発酵食品の摂取と共に、水分の十分な補給も意識してほしいと思います。
サプリメントの活用なども検討して、善い腸内環境を維持していくことが大切です。
そして運動も大切。これらも腸活の一種として考えてみてください。
肛門きゅっきゅっ体操』はいつでもどこでもできる簡単なもの。
思い出したそのときにやってみてください。肛門括約筋を鍛えていきましょう。
もう少し運動量が多いものとしては、ウォーキングや『ヒザひじキッス体操』。
適度な運動は、腸の蠕動運動を促してくれます。
そして、『あいうべ体操』で鼻呼吸が当たり前になるように。
正しい姿勢になるような立ち方や座り方も心がけてください。
そして、腸の負担が大きくならないよう、食事のときにはしっかりよく噛みましょう。

「呼吸や姿勢が腸活?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
ですがここはひとまず、【腸内環境のスペシャリスト】であるボクを信じて、やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です