予防医学的な漢方薬の使い方


大きな寒波が来ているようですね。福岡都市部でも時折、雪がパラパラと舞っています。
風邪など引かぬよう、からだをあたためて過ごしましょう。
体温が上がれば、免疫の力も強くなりますよ。

さて、セミナーでいただいた質問をご紹介しましょう。
「予防医学的な漢方の使い方を教えてください」
予防医学的な漢方の使い方は?
漢方薬…東洋医学では、病気の原因をからだの内側に求めます。
西洋医学とは反対ですね。
例えば今の季節、風邪を防ぎたいと思ったら、からだを温める漢方薬が使えると思います。

ベリラクトに含まれる植物エキス…山椒、生姜、オタネ人参。
これらは大建中湯という漢方薬にも含まれており、からだの冷えを改善させる力を持っています。
腸活しながらからだを温めて、病気にならない力を蓄えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です