夜勤さんへの腸活アドバイス


シフト制のお仕事に就いていると、どうしても生活が不規則になりがちです。
昼間で時間帯が変わるだけでなく、夜勤があるという方も多いことでしょう。
「夜」は腸活にとって、とても大切にすべき時間。
ですので、夜勤のあるお仕事をしている方へ向けて、アドバイスを。
夜勤の場合の腸活は…

便は寝ている間に作られます。このブログでもたびたびテーマにしていますね。
就寝中はからだがリラックス状態にあるからというのが理由の1つです。
実は同じ「就寝中」といっても、特に夜が顕著なのです。
これはからだがスイッチオフの時間帯になるのが、夜だから。
体内時計のスイッチには、太陽の光の存在が大きく影響しています。
太陽の出ていない夜、からだはオフになっていて、そのときに睡眠を取る。
質の良い便を作るには、これが結構、大事なのです。

さて、夜勤となるとそうはいきません。朝に仕事を終え、日中に眠る必要が出てきます。
ベリラクトはまず夜勤に入る前に、それから寝る前に、それぞれ目安量を飲んでみてください。
ヨーグルトなどに混ぜて摂りたい場合は、夜勤を終えて家に戻ってから。
ぐっすり眠れるよう、環境を整えてくださいね。
布団の中でずっとスマホを見ているようではダメですよ。脳が興奮してしまいます。
それから、水分の摂取量にも気を配りましょう。
摂りたい量を導き出す公式は「体重×40×0.9ml」となっています。
ご自分の体重を当てはめて、できれば水やお白湯、麦茶などで摂ってください。
緑茶やコーヒーなどはカフェインが入っているので、水分補給としては向きません。
お酒ももちろん、除外です。

警備や看護、介護、コンビニなどでも夜勤のスタッフさんが一所懸命、働いてくださっています。
体調を崩さず、不安定な生活リズムにも負けないからだ作りに、腸活はきっと、役立つはず!
きつい毎日を乗り切れるよう、無理のない範囲で頑張ってください。
腸活でそのサポートができるなら、私も嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です