『常在菌』を大切に…


腸内細菌と聞いて頭に浮かぶのは、どんな言葉でしょうか。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌…この3つだという方が多いでしょう。
今回のタイトルに使用した『常在菌』という単語がぱっと浮かぶ方は、まだまだ少数派かも。

『常在菌』というのは、人間のからだに元々いる菌の中で、多くの人に共通するものです。
口の中や皮膚にもたくさんいますが、なんといっても多く棲んでいる部位は腸!
つまり、善玉菌・悪玉菌・日和見菌も『常在菌』に含まれる、ということです。
私が推奨する次世代腸活は、この全ての菌に働きかけるバイオジェニクスを使用する方法。
善玉菌が多いほうがいいに越したことはありませんが、悪玉菌も大事な役割を持っています。
食物繊維の分解、消化吸収のサポートなどなど…。
ちょっとからだによくない面も持ってはいますが、悪玉菌なりの役目があります。
そしてそれは、からだにとって必要なものなのですよ。
人間の都合だけで「悪」と呼んでしまってはかわいそう…と私は思います。
どっちつかずの日和見菌も、同じように元気な状態を保たなければいけません。
常在菌を大切に

持っている全ての腸内細菌を元気にする。これこそが私の目指す次世代腸活。
常在菌を大切に育てていくことに他なりません。
食事などから摂り入れた菌は、いずれ排出されてしまうのです。
ですが常在菌はずっとあなたの味方。その常在菌に直接作用するのがバイオジェニクス(乳酸菌生産物質)。
そのバイオジェニクスをメインの成分としているのが、ベリラクトですから。
「乳酸菌サプリ」ではどうも腸活が上手くいかない…そんなあなたにこそ、使ってほしいものです。
常在菌を大切にしていくことこそが、本当の腸活のコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です