ビールでは水分補給できません


暑いです。仕事後の1杯が美味しい季節でもあります。
キンキンに冷えたビールを疲れたからだに流し込む…たまりませんよね!
ビアガーデンなどでは「水分補給しなきゃな!」なんて言いながら飲む方も。
ビールでは水分補給できません
…残念ですが、ビールでは水分補給はできないんです。

お酒を飲めば、確かにからだの中にある水分の量は増えますね。
ですがそれは腎臓の働きによって、尿となって排出されていきます。
また、アルコール自体に利尿作用があるのは、よく知られた話。
この2つが重なると、かえって体内の水分量は少なくなってしまいます。
特に度数の高い種類のお酒は、摂った水分量を、尿で排出される量が上回る事例も。
大げさな話ではなく、寝ている間に脱水症状を起こす可能性もあるのです。

できれば、飲んだアルコールと同じ量の水を飲んでほしいくらい。
でもなかなかそれは難しいと思いますので、せめて半分くらいは水を飲むよう、心がけましょう。

ちょっと「腸活」という観点からもお話を。
お酒に含まれる糖分は、腸からすると不要なもの。
要らないからと言って避けておくわけにもいかず、入ってきた以上、なんとかしなければいけません。
腸内細菌たちは、とても頑張って仕事をしなければならないのです。
ですので、お酒を飲んだときこそ、いつも以上に労わってあげるべきなんですよ。
ハードワークをこなした腸内細菌へのご褒美に、ぜひベリラクトを活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です