いざというときに体調が崩れたら


人生の中にはときどき、「大切なポイント」が出現します。
受験や資格試験、大きなプレゼン、発表会…ここ一番という経験が誰しもあることでしょう。
もしも、この日を前にして風邪を引き、体調を崩してしまったら、どうしましょうか。

元気なら、食べたものに含まれている栄養素を、からだに充分に取り込めます。
ですが、体調を崩すと、腸の動きは落ちてしまい、上手に吸収できません。
せっかくからだに良いものを食べたつもりでも、その栄養を存分に使うことができないのです。
こんなときには、ビタミンとミネラルを合わせたサプリメントの力を借りましょう。
とはいえ、ドラッグストアなどで簡単に買えるものではいけません。
医療機関で取り扱っている、質の良いものを使うのが大きなカギになります。
私のクリニックにも商品がありますので、お気軽にご相談ください。

そして、普段から腸にいる常在菌をしっかりと育てていくことも同じくらい重要です。
なんといっても免疫の力を司るのが腸なのですから。
普段から腸活しておけば、自然と風邪を引きにくいからだに近づいていけます。
もし引いてしまっても、ビタミンやミネラルをきちんと吸収させればいいのです。
いつも腸内細菌を労わっていれば、キツいときもあなたと一緒に頑張って、乗り越えてくれますよ。

弱っているときほど、誰かの助けがほしいものです。
腸内細菌を味方につけておけば、こういうときにも力を発揮してくれます。
いざというときにパワーをくれる存在は、実はあなたの中にもいるんです。
日頃の腸活で、腸内細菌たちと強いタッグを組める関係を築きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です