腸活で「ちょうどよく」!


「お通じの悩み」という表現から連想するもの、なんでしょうか。
多くの人が想像するのは「便秘」ではないかと推測します。
便が出ないその原因を考えると、「硬いから」などが思い浮かぶでしょうか。
ですが、硬いだけが悩みではありません。
その反対…便が柔らかすぎるということが悩みという方もいらっしゃいます。
お通じの悩み

「便の質を良くするために腸活を」と私も良くお話しています。
質を良くすることは、便を柔らかくすることとイコールなわけではありません。
柔らかすぎるならもっとしっかり形になるように、硬すぎるのであれば柔らかくなるように。
「便をちょうどよい、理想的な状態に近づける」ことが、腸活の目的です。
ときどき「普段から軟便気味なのに、腸活をしたら余計に下痢のようになる」と思う方がいらっしゃいます。
そうではなく、その場合は腸活によって硬さを保ち、便の質を上げていくのです。

軟便の方で、「腸活にチャレンジしたいけど、もしもこれ以上緩くなったら…」と不安な場合。
数日間のお休みが取れたときに、少量から試してみてはいかがでしょうか。
ベリラクトやベリファを、1日の目安の半分や3分の1から始めてみるのです。
食べ物についても、いきなり野菜や発酵食品たっぷりに増やすのではなく、少しだけプラスします。
これでお休みの間、様子を見て、大丈夫だと自信が持てたら、量を増やしていきましょう。

焦ることはありません。自分のペースでいけばいいのです。
「なんとかしたい」というその気持ちがあるということは、はじめの一歩を踏み出したも同然。
あなたの腸活、心より応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です