腸のための『朝の歯磨き』


朝、目覚めて布団から出て、何をしますか?
誰もがすることの中の1つである、歯磨きについてです。

起きたらまず、口の中をきれいにすることが大切です。
歯磨きをすると思いますが、これは「口全体をきれいにするもの」だと考えましょう。
寝ている間、どうしてもたくさんの雑菌が口の中に繁殖してしまいます。
これをまず、掃除することが大切!
コップ1杯の水を飲むことを起き抜けの習慣にしている方もいるでしょう。
朝ご飯もしっかり食べることでしょう。
ですが、雑菌だらけの口内のまま、これらを実施してしまったら、どうなると思いますか?
菌も一緒に飲み込んでしまい、悪いものをおなかに運んでしまうことになります。
腸内細菌にとっても、ちょっと迷惑な話です。

朝はまず、歯磨きからスタートしましょう。
歯と口の中をきれいにしたら、水を飲んで胃腸の目覚めを促してください。
これからの季節、水じゃ冷たいようでしたら、お白湯でももちろんいいですよ。
そして、朝ご飯を摂りましょう。その後、排便があればなおOK!

口は腸への玄関です。
風水でも、家の玄関を清潔にしておくと運気が上がると言いますよね。
からだも同じ。腸のためにも、口の中を清潔にしておくように意識してください。
朝の歯磨き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です