夏カゼ対策6ヶ条


昨年の夏も腸活セミナーを実施しました。
その内容を振り返って見ましょう。夏カゼについてのお話です。

【本番用】140719夏の腸活セミナー

寝ている間に夏カゼを引く方が多いです。
部屋を涼しくし過ぎて眠ってしまい、深夜に気温が低下する頃にもそのままで、また暑い朝を迎えます。
この、『気温が低下する頃』に体調が崩れます。
涼しいと汗をかけません。「ちょっと暑いけど我慢できる範囲」にしておくのがポイントです。

汗をかくことは、体内に水をちゃんと巡らせることができているということです。
画像の6ヶ条を見ていただけるとわかりますが、水に関するものが多いでしょう?
『よい眠りと目覚め』というところも大切。寝る環境をきちんと整えましょう。
いつまでも布団の中でスマホとにらめっこではよくないですよ。

6ヶ条、そんなに難しいことはないはずです。ぜひ、実践してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です