カメラ検査は腸活チャンス!


「胃のポリープを削除したら、ご飯がおいしいんです」
腸活ラジオにこんな声が寄せられました。

たぶん、ポリープが悪さをしていたというわけではないはずです。
ポリープができやすい状況として、考えられることがあります。
大腸の中にお通じが残っていて、非常に腸内環境が悪かったということ。
検査前の準備として、おなかを空に、キレイにすることが必要です。
これは「新しい環境を取り戻した」ということとイコールなんですよね。
そのおかげで、ご飯も美味しく感じ、元気になったのではないかと。

大腸カメラをするときも、腸をキレイにしてからカメラを入れます。
検査の後、受診者には腸活のスタートを強く勧めています。
せっかくキレイになった大腸ですから。ここから整えていくべき!
大チャンスを逃す手はありません。

ポリープができたという事実。
これは、日頃から、どちらかといえば腸内環境が乱れやすいライフスタイルだったのかも。
いい機会です。食生活など、しっかり見直して今後に備えましょう。
そして今後はもっと、腸活に励んでいただきたいと思います。
カメラ検査は腸活チャンス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です