薬に頼らない生活を


便秘外来に行ってみたけど、排便のときの姿勢を教えてもらうようなことばかり。
薬が出ると期待していたのに、実際には市販されている食物繊維の粉だけ。
これでは何も変わらないので、便秘外来通いは中止することに。
仕方ないので自分で選んだサプリメントを飲んでみても、あまり何かが変わった感じはしない。
どうやったら便秘にサヨナラできるのか、どんな薬を飲んだらいいのか…。

「からだの不調は、薬を飲めば、治る」
まずはこの考えを捨てるところから始めましょう。

バランスよくいろいろな食材を選んでいますか?
コンビニ弁当ばかりの食事になっていませんか?
口に入れた食べ物を飲み物で流し込んでいませんか?
噛まずに済むメニューばかり並べていませんか?
毎日、からだを動かしていますか?
歩いて5分で行ける場所に車やスクーターを使っていませんか?
睡眠時間は十分に確保できていますか?
布団の中でずっとスマホばかり見ていませんか?
もし、これらの質問に思い当るところがあるようなら、薬の前に、それらを改善しましょう。
食物繊維しか便秘外来で出なかったのも、そんな意味なのかもしれません。
(説明は必要だと思いますが)

だらだらとした生活は変えたくない、でもからだの不調は改善したい。
少し言葉がきついかもしれませんが、そのような甘えた状態では、よくなるものもなりませんよ。
自分のからだが持つ力を存分に発揮するためには、生活の基本を正すことが不可欠です。
薬を使うのは、まだまだその先の、遠くにある話だと思ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です