夏休みに鼻呼吸を習慣づけよう!


子供たちは夏休みを楽しんでいる頃でしょうか。
最初のうちは宿題も気にしないでいい、楽しい時期ですね。
さて、お父さんやお母さん。お子さんの健康ともしっかり向き合ってくださいね。

この夏休み中にぜひ、家族で鼻呼吸を身につけてください。
あいうべ体操を毎日、みんなでして、口呼吸にさよならしましょう。
詳しくは考案者の今井一彰先生のサイトを見ていただくとして、簡単に方法を。
あいうべ体操
(1)「あー」と口を大きく開く:普段よりも大きめに
(2)「いー」と口を大きく横に広げる:首に筋が張るくらいまで
(3)「うー」と口を強く前に突き出す:しっかりと前に突き出します
(4)「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす:顎の先をなめる感じで
目標は1日30セット。最初は疲れるかもしれませんが、頑張って!

口で呼吸すると、体内に入れたくないものが直接、入ってきます。
鼻呼吸の場合、鼻毛がフィルターとなってくれると考えるとわかりやすいかも。
この時期にしっかりと鼻呼吸の習慣をつけておけば、この先は怖いものなし。
寒くなってくると、風邪やインフルエンザの流行が必ずあります。
そんな病気に負けないからだを作るためにも、鼻呼吸は必須!

さあ、今日から家族みんなであいうべ体操。頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です