アニサキスが起こす痛み


鯖やイカを食べたら、ものすごくおなかが痛くなった経験がある方、いらっしゃいますか?
アニサキスという寄生虫のせいです。
「胃壁に食いつかれる痛みだからすごいって…」
…というような説明をする方がいるんですが、ちょこっと追加させてください。

その痛みは、アニサキスが胃壁に食いついているからではないんです。
胃カメラの際、生検といって、胃壁を鉗子で引きちぎることがありますが、痛くもなんともありません。
これは何故でしょうか…痛みを感じる神経そのものがないから、なんです。
また、アニサキスでアレルギーに似た原因で症状を起こすタイプの方も存在します。
(緩和型アニサキスと分類されたりもします)
アニサキスの強烈な症状(劇症型アニサキス症)はアレルギーと似たメカニズム。
まず注射で対処をすることが大切なんです。
ほとんどの場合、注射で症状は取れ、そのうちアニサキスも脱落。
ごく稀に、胃を通り抜けて小腸まで行ってしまうこともあります。
そこで食いつくと、小腸が閉塞してしまうことも…怖いですよね。
その意味でも内視鏡でアニサキス虫体を取り除く必要はあるので、内視鏡検査を受けてください。
また、アニサキス症は食中毒に分類されるものでもあります。
見つけたら上に報告しなければいけないというルールもあるんですよ。

そうならないために、していただきたいこと。
それは、しっかり噛んで食べることです。これは本当に大切。
急いで食べずに、ゆっくりと時間をかけて味わって、歯をきちんと使って噛んでください。
アニサキスからくる痛み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です