ぽっこりおなかは誰のせい?


26日のセミナーでも詳しくお話をする予定ではいますが、ちょっと前ふりを。
13日にゲストで出させていただいた座談会でお話した内容です。

ボクの話は姿勢の話から始まりました。
お通じがなくておなかがぽっこり…それはおなかが「出る」のではなく、自分が「出してる」のです。
良い姿勢ができていないんですね。
クリニックには便秘に悩む患者さんがたくさんいらっしゃいます。
診察を重ねていくうちに、共通点が見えてきます。
足を見ると、外反母趾や形がとんがり気味になっている方が多いんです。
これでは、前に重心をかけられないんですね。これが姿勢の悪さを呼びます。
他にも、おなかを触ると冷たい、横行結腸が下がっている、舌に歯形が付いている、などなど…。
特に横行結腸、女性は骨盤のあたりまで下がっている人もいるほど。

春の腸活セミナー』、テーマは便秘外来について。
上にある共通点の話など、詳しくさせていただきます。
座談会でも、この話題で3時間ほど話せる…と言ったところ、会場から笑いが出ました。
でも、ほんとなんですよ。
ですが26日のセミナーも1時間半しかありません。ぎゅっと濃縮してお話します。
どうぞお楽しみに。
残席わずか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です