介護での臭いに悩む方へ


1並びの今日は様々な記念日になっていますね。
中でも『介護の日』というものがあります。2008年に厚生労働省が制定しました。

老人の比率が多くなる今、介護に関連した事柄は避けて通れないですよね。
その中で今回お話したいのが、ニオイについての問題です。
排泄物…主に便のニオイ、正直、気になりませんか?
これは介護してもらう方も、介護する方も、一度気になるとずっと気にしてしまうものだと思います。
空気清浄機や脱臭剤、オムツの処理方法などの対処と一緒に、からだの中から対策しましょう。
腸内環境を善くする…そう、腸活です。

歳を取るにつれ、悪玉菌の比率が増えていきます。これは仕方のないことです。
ですが、腸活を実施することでこの『腸の老化』を防ぐことができるのです。
食事のメニューで工夫し、ベリラクトなどのサプリメントで善玉菌を元気にしてあげましょう。
そうすれば日和見菌も味方に付いてくれますので、腸内環境が善くなります。
このことで、便のニオイが軽減することと思います。

ベリラクトは細粒で口の中で溶けていきます。
スプーンを使って、1包を何回かに分けて飲むという方法もいいでしょう。
ヨーグルト味ですので、それに合うような食品やデザートに振りかけるのも1つの手段ですね。
むせないように気を付けて、飲ませるようにしてあげてください。

介護と腸活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です