悪玉菌も『必要』なのです


善玉菌を増やそう!と、このブログやFacebookなどでお話していますが、
じゃあ悪玉菌はいらないのかというと、そうではないのです。
悪玉菌のおかげで助かることもゼロではありません。
…別に『悪』ではないのですよね、彼らも。
善玉菌と同じように、彼らは彼らの役割を果たしているだけなのです。
ただ、人間にとってあまりよくないものもあるので、そう呼ばれてしまうのですよね…。

悪玉菌の中の【大腸菌】は、イベント告知
なんとO-157などの
病原となる菌を排除してくれます。
産まれたときから
腸内にいる大腸菌。
結構な強さを持っています。
それに比べて、
O-157のウイルスは弱いです。
強いボスがいないところで
弱い彼らはのびのびと悪さをし、
繁殖していくのです。

開発途上国には、
O-157が存在しないこと、
知っていますか?
どうしてか。
言葉は悪いかもしれませんが、
清潔ではないから、なのです。
大腸菌が強いため、O-157の弱いウイルスは勢力を発揮できません。
あまり綺麗好きなのも考えものなのかもしれませんね。

これからの季節、湿気が多くなり、O-157などにも注意が必要です。
食べ物の管理にも注意しながら、腸内環境の整備を続け、
健やかな毎日を送れますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です