新たに選んだ乳酸菌生産物質


ベリラクトがリニューアルします。
『春の腸活セミナー』でもお知らせしました。やっと発表できました!

一番大きな点は、乳酸菌生産(発酵)物質の変更でしょうか。
『PS-B1』という名前のものに変わります。
これは従来品に使っていた乳酸菌生産物質に比べ、より多くの知見が発表されています。

・ 乳酸菌生産物質PS-B1の非肥満Ⅱ型糖尿病モデルラットに対する血糖上昇抑制効果
・ 乳酸菌生産物質PS-B1のガン細胞増殖抑制効果とその応用に向けて
・ 乳酸菌生産物質PS-B1発酵残渣(粉末)の糖尿病ラットに対する血糖値上昇抑制効果
・ 乳酸菌生産物質PS-B1発酵残渣(粉末)投与ラットのコレステロール代謝への影響
・ マウスを用いた乳酸菌生産物質の骨粗髮症予防効果の検討
・ 乳酸菌生産物質(うがい剤)の口臭抑制効果に関する臨床試験
・ 乳酸菌生産物質の肌質改善効果に関する臨床試験
・ 乳酸菌生産物質PS-B1における肝機能および脂質代謝改善作用に対する臨床試験
・ アレルギー性皮膚炎誘導マウスに対する乳酸菌生産物質PS-B1の摂取効果
簡単に表にまとめると、以下の通りです。
PS-B1エビデンスリスト

培地が豆乳を用いたものとなるのもポイントです。
乳アレルギーの方にも安心して飲んでいただけますからね。
細粒タイプに加え、今回は水で飲みこむタブレット状も誕生しました。
「粉だとちょっと…」と思う方、ぜひ、タブレットタイプを使ってみてください。

情報は随時、発表していきます。ご期待ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です