腸内フローラは料理人


便はからだの中で作られるものです。
作られる…ということで、料理に例えてみました。こんな感じです。
便を作る

お嬢さんがキッチンで料理を作っています。
このお嬢さん…料理人の役目を担うのが腸内フローラ。
大腸というキッチン(調理ができる環境)を使って便を作ります。
材料は食物繊維や水など。
そしてその場の雰囲気に例えられるのが、自律神経です。
これらが上手に揃ってはじめて、便が作られるんです。

実は、今までの便秘外来には最後に出てきた「自律神経」への関与が抜け落ちていました。
これに目を付けたのが、メディアに引っ張りだこの『便秘外来3年待ち』の先生です。
ですが、言っていることは非常に単純ななんです。
「リラックスした1日を過ごしましょう」「冷たいものは飲まないようにしましょう」
…改めて言っていただけるのはとてもありがたいですが、よーく考えると、当たり前の話、です。
ですが、マスコミがこぞって取り上げるので『3年待ち』になり、すごいな…となるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です