風邪と腸内環境


インフルエンザがこれから流行ってきます。
クリニックの患者様の中に、インフルエンザの方が1日で数名来る日もそう遠くない気がします。
そんな中、今日も私はマスクもせずに、ときには半袖で、診察をしています。

腸活を続けていると、本当に風邪を引きません。
インフルエンザやノロウイルス、花粉症とも無縁です。
それを自分のからだで証明できています。
もちろん、患者様で定期的にベリラクトを使われている方も同様です。

「腸内環境維持目的で来院されている中高年の方は、風邪を引かない」
ベリラクト開発前から、そう感じていました。
ところが3ヶ月来院が空いたりすると、風邪を引いてるんですね。
ですが、そこからまた腸内環境維持を再開すると、風邪を引かなくなるんです。
その間、インフルエンザやノロウイルスの流行があるのですが、罹患してくるのは中高年以外。
若い年齢層は仕方ないとして中年が弱いですね。
でも、中年の方でも、良い腸内環境を保っていると風邪を引かないな…と感じます。
風邪予防に腸活!

『良い腸内環境維持→カゼをひかない→花粉症になりにくい⇒癌にもなりにくい』
このような図式が証明されるといいな、と思っております。
まだ人体レベルでのレポートはありませんが、腸内細菌学会誌にはマウスで証明されておりました。
今後の研究に期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です