腸内細菌のデータベース化


腸内細菌をデータベース化しようという動きがあるようですね。
<腸内細菌>数千人分DB化 多様な病気との関連解明へ
健康な人、病気の人…数千人分のデータを集めるのが目標と出ています。

セミナーでも、様々な病気と腸との関わりについてお話しています。
このように少しずつ研究が進んでいき、新しいことがわかります。
次のセミナーのときには、さらにお話しできることが増えているかもしれません。
腸内細菌の世界は、この繰り返しです。

万人の条件を合わせた腸内細菌の比較は難しいものです。
そもそも、各個人で腸内細菌の割合が違うこと。
例え食べ物を合わせたとしても、普段の食生活や運動、飲酒、喫煙の影響もあること。
今までの病歴や、飲んでいる薬によってもいろいろな変化があります。

データがどのように集まっていくのか、収集データがどう活用されるのか。
注目すると面白いニュースだと思います。
病気の原因の解明や治療にも、これによって新しい光がもたらされますように。

腸内細菌のデータベース化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です