ボクの思う『インフルエンザ流行の本当の原因』


インフルエンザが猛威を奮う今、改めて思うことです。
流行の背景には「今年のワクチンが合っていない」のが原因、と思われている状況があるようです。
しかし毎日の診療の中で、本当の原因は別のことではないかと感じています。
免疫が低下した人が想像以上に増加していることではないか?ということです。

==============
インフルエンザ、なるひとはなる、ならんひとはならん。
んなら、ならんひとにならんね?
==============
いつも繰り返すセリフです。…文字にするとややこしいですね。
つまりは『インフルエンザにならない人に、あなたもなりませんか?』ということです。

不顕性感染にさえならない免疫力…それを手に入れたいなら、『腸活』です。
ボクが開発したベリラクトを飲んでいただいている方々に聞いてみました。
「このシーズン、インフルエンザになりましたか?」
Yesというお話を聞いたのは、把握しているだけで片手に満たない人数。
反対に、学校や職場などでインフルエンザが蔓延しても自分だけ平気…というケースも少なくありません。

恐らく、インフルエンザはあと1~2週間ほどで収束することでしょう。
次に来るのは花粉症…こちらも免疫力が上がれば、卒業への道が開けます。
今から腸活で備えてください。パートナーには、ぜひ、ベリラクトを。

150127

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です