健康維持に欠かせない腸内環境の作り方


では、どのようにして善玉菌の多い腸内環境を作り上げればよいのでしょうか?

まずは食事療法です。大前提は以下の2点。
玄米、全粒粉の製品、豆類、野菜、海草類を重視すること。
高脂肪や動物性蛋白に偏らない食事で腹八分目を保つこと。

しかし、急に食生活は変えられないという方はどうすればよいでしょうか?
確実な方法は、ヨーグルトなどでは得られない良質な乳酸菌や、乳酸菌発酵物質を常に摂取することです。
これらは胃液や胆汁に対する抵抗力が強く、高効率で大腸へ到達して効果を発揮します。

また、腸管運動を促進することが医学的に証明された漢方薬である、大建中湯の成分の併用も考えられます。
便秘治療に使われる漢方薬の大半は、長期服用で腸粘膜を黒く変質させるセンナ・大黄などを含みます。
ですが大建中湯にはそれらがなく、腸を動かして体を温める生姜・山椒エキス・オタネ人参が主成分です。

さらに、食物繊維の役割をするトウモロコシ由来の難消化性デキストリン。
そして善玉菌の生育を助けるキシロオリゴ糖。
これらを共に摂取すると、腸内環境を良好に維持することができます。

乳酸菌発酵物質、生姜・山椒エキス・オタネ人参、難消化性デキストリン、キシロオリゴ糖。
サプリトラストの【ベリラクト】はこの4つの成分を配合。
なので、あなたの腸内環境改善をサポートできる…というわけなのです。

blog1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です