万物の生命をいつくしむ


福岡では9月中旬に『放生会(ほうじょうや・ほうじょうえ)』というお祭りがあります。
筥崎宮という大きな神社で、1週間ほどの期間をかけて行われます。
屋台などもたくさん並び、昼夜問わず、たくさんの人でにぎわうんですよ。

さて、どんな趣旨のお祭りなのか。公式サイトより抜粋します。
===============
筥崎宮放生会は「万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する」お祭りです。
(中略)
私たちの生命は、他の生命の犠牲の上に成り立っています。日頃は意識することは少ないですが、これら物言わぬ生命のおかげで、私達は生かされています。筥崎宮・放生会供養祈願祭は、あらゆる生き物の霊を慰め、感謝の気持ちを捧げるとともに、さらなる商売繁盛、家内安全を祈る神事です。
===============
本当にこの通りですね。いろいろな命の犠牲があってこそ、私たちは生きているのです。
お祭りの期間だけでなく、常に、感謝するべきですね。

さて、細菌たちも生き物の一種。
もちろん、腸内細菌もそう。あなたのからだの中で一所懸命、生きています。
腸内細菌も生き物!
生まれながらに、誰もが腸の中にペットを飼っているようなものとも言えますね。
ペットは人間の言葉を話すことができません。「おなかが空いた!」とは話してくれません。
なのであなた自身が、腸内細菌のことを気にかけて食事をしなければならないのです。
「今日も私のために頑張ってくれてありがとう。明日もよろしくね」
寝る前に、そんな気持ちを込めて、ベリラクトを飲んでほしいと思います。

あなたの中のかわいい生き物、腸内細菌。
どうぞ可愛がってあげてください。大事にしてあげてください。感謝の気持ちを伝えてください。
たっぷりの愛情を持って接すれば、必ずや応えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です