ワインで腸活?


お酒にもいろいろな種類がありますが、その中からワインを取り上げてみましょう。
赤と白、腸にいい方を選ぶとしたら、どちらがいいと思いますか?

まずはそれぞれの作り方を簡単に。
ブドウのヘタを取って作業をした後に、種と皮を一緒に発酵させて作るのが赤ワインです。
対して、種と皮を外して発酵させていくのが白ワイン。

では腸にいいのは…白です。
酢酸・クエン酸・リンゴ酸などの有機酸が入っていて、これが腸内環境を整えてくれます。
また、ミネラルがたくさん含まれていることにも注目。
カリウムがあるとナトリウムを代わりに排出してくれるので、むくみが取れやすいというおまけつき。
便通を整えるのにも、実は白ワインがよかったりするんですよ。

赤ワインはポリフェノールなど抗酸化物質が入っていることが知られていますね。

上手に付き合えば、お酒も健康に繋がるアイテムになります。
飲み過ぎない程度に楽しみましょうね。
そして寝る前にはベリラクトで腸活を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です