寒いと蕁麻疹が…


冬になって寒くなり出してから、急にからだに蕁麻疹ができるようになってしまう。
そんな経験はないでしょうか。
心配になって皮膚科に行き、薬をもらって服用しても改善の兆しなし…。
でしたらひとまず、腸内環境を整えることから始めてみてください。

何度も言うように、「お肌は腸の通信簿」です。
腸内フローラを整えることにより、からだが病気にならないようにする免疫力が上がります。
免疫が落ちてしまうと、蕁麻疹に繋がってしまうのです。
寒さにが原因となっていることもあるでしょう。
また、気温が低くなると着るものも変わりますよね。これが原因のことも。
ですが、おなかをきれいにすることによってそれを防ぐことができるます。
実際にボクのクリニックの患者さんでそのような方、たくさんいらっしゃいますよ。
腸活を始めましょう。からだの中から、肌に優しくなってください。

そしてもう1つ、気を付けたいのは呼吸。口呼吸を止め、鼻呼吸を身に付けること。
肌のトラブルと呼吸、なかなか頭の中でピンと来ないかもしれませんが、あるんですよ。
冷たくて乾燥した空気が口から入ることで、病気になるスイッチが入ってしまいます。
ちょうど鼻の奥の、のど仏の裏のあたりが危険な場所。
なので、気付いたら口が開いているなんてことのないように、鼻呼吸の習慣を。
マスクをしているその下で、口が開いている状態になっている人も多いので、気を付けたいですね。

皮膚科とはまた少し違ったアプローチですが、お試しください。
蕁麻疹と腸活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です