からだを動かすこと


「適度にからだを動かすのも腸活の1つ」
このブログでもよく出てくるお話ですね。
ボクはといえば、実はそんなに長い間、運動はできません。
学生時代にサッカーで怪我をしてしまい、そのときからです。
本当にときどき、ゴルフを楽しむ程度となってしまっています。

「運動しよう!」と意気込むと、なかなかできなかったりしませんか。
○キロ以上歩かないと運動とは呼べない、有酸素運動は○分は必要…。
なんだか身構えてしまいますよね。
まずは自分でできる範囲のことを始めてみませんか。しかもルールは緩く。
通勤時、1つ前で降りて歩くようなことからでもいいじゃありませんか。
それが日常になってきたら、もう少し距離を多くしてみればいいんです。
ちょっとずつ、頑張ってみてください。

それに、からだを動かすと気持ちも晴れ晴れするものです。
嫌なことがあったとき、ちょっとつらい出来事があったとき。
家の中でできるスクワットのようなものでもいいです。運動してみてください。

さて、冒頭、ゴルフの話をちらりとしました。
次回の『Dr.TANAKAの「腸よくな~い?」』のゲストは、田中宏明先生。
そう。ボクと同姓同名の方です。
たくさんのプロゴルファーをこの世に送り出している方です。乞うご期待!
適度な運動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です