受験に役立つ腸活:ストレス編


受験生にはストレスがついてまわります。
学力が伸びない。体調のせいではかどらない。したいことが犠牲になる。
躓いたときにストレスが溜まります。なので、腸活でストレスに強くなってほしいのです。

腸脳相関という言葉がありますが、腸と脳はお互いに影響を与え合っています。
腸の状態が悪いと、脳もつられて不安感を強くしてしまう…不思議なものです。
ということは、腸が元気であればいいのだ、と思いませんか?
夜食編でお話した、セロトニンに頑張ってもらうんです。
気持ちが穏やかになることでしょう。
腸活がこのように、ストレス対策にもなってくれるんです。

また、ストレスは便を作る上でもマイナスに働きます。お通じにも関わってくるんですよ。
体調編でも、受験生が気にしている症状として便秘や下痢が挙がっていましたね。
こうならないためにも、感じるストレスをなるべく小さくできるような状態が必要です。

腸活が受験生に大切である理由、おわかりいただけたでしょうか。
勉強は本人に頑張ってもらうしかありません。
ボクは腸活で、夢に向かう受験生の皆さんを応援しています!
受験生の皆さん、ぜひ腸活を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です