乳酸菌の日


2月3日のごろ合わせから来ているそうです。
また、毎月23日も同様にこのようなプロモーションが行われているとか…。

ボクが開発した腸活応援サプリメント・ベリラクトには、乳酸菌発酵物質というものが入っています。
(乳酸菌生産物質とも呼ばれます)
これは、乳酸菌とは違います。下の表をご覧ください。
乳酸菌と乳酸菌発酵物質の違い
そもそも『菌』と『物質』であるところから違うんですね。

腸活の一環としてヨーグルトを食べている方は多いと思います。
ですが、そのヨーグルトに含まれる乳酸菌との相性がわかるまでに時間がかかります。
しばらく食べ続けてみないとわからないからです。
一方、乳酸菌発酵物質は自分の中に棲む善玉菌の成長を助けます。
もともと自分が持っているものを育てるのですから、相性云々を気にすることはありません。
そういう意味で、ヨーグルトよりも効率の良い腸活ができるのです。

とはいえ、乳酸菌の死骸も、腸内環境改善には役立ちます。
ですのでヨーグルトでの腸活も否定はしません。
食べるタイミングとしては、夜がおすすめです。
腸活セミナーでもお話しましたが、理由はこちらからどうぞ。

せっかくの『乳酸菌の日』です。今日からベリラクトで腸活を始めましょう。
腸活応援サプリメント・ベリラクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です