便って何でできてるの?


「食べてないから便が出ません」
こんな言葉をよく耳にします。
ですが…実は食べていなくても、出さなければいけないものは腸の中にあるのです。

この円グラフは、『便が何でできているか』の比率です。
見ていただくとわかるように、水分以外の固形成分で食べたものが由来なのは、全体の10%ちょっとだけ。
食べなくても、腸内細菌の死骸や剥げ落ちた粘膜が便の固形成分として出てきています。
便はどんなものでできてるの?

というわけで、食べないから出ないと思っている方にひとこと。
便が充分に出足りないというようなことが、頻繁に起こっている可能性が高いです。
便秘だけども自覚がないといったような状況です。

自分自身の感覚はあまり当てにはならないかもしれませんが、唯一、信じていい感覚があります。
それは『排便後のスッキリ感』!
トイレで出した後、「あー、スッキリした」…と思えていますか?
それは出すべきものを十分に出せたという証拠。
自分の作品をホレボレと眺めたくなるキモチ…これなら大丈夫です。
できればすぐに流さず、出したものを目で確かめましょう。
便という『からだからのお便り』を読むことをおすすめします。
自分の状態を知ることは、腸活の大切なポイントですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です