食中毒…なる?ならない?決め手は?


ゴールデンウィークも後半。皆さん、どのようにお過ごしでしょうか。

この時期が終わると、次に待つのは、梅雨。
雨も降り、じめじめとした湿気の多い季節がやってきます。
食べ物も今までより傷みやすく、注意が必要です。

梅雨時期に気を付けたいのは、食中毒です。
特に、言うまでもなく、生もの。
ただ、同じものを食べても、食中毒にかかる人とかからない人とが出てきますよね。
これはどうしてなのでしょう?

答えは、免疫力の違い。
害になるものなどからからだを守ろうとする力…それがご存知、免疫力。
これが弱いタイプは、中毒も発症しやすいのです!
免疫力が強ければ中毒になりにくく、もしなってしまっても回復が早いのです。

冬は風邪やインフルエンザ。春は花粉症。そして今度は食中毒。
免疫力の強さはどの季節にも強力な武器になります。
普段から意識して、病気に強いからだでいたいものです。
そのためにも、腸活で腸内環境を整えておくこと、心掛けましょう。

140502

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です