患者さんの主訴の変遷:1


ボクが時の移り変わりとともに感じていることをお話ししてみましょう。

下にあるのは、ボクが研修医になった1980年代前半から今までに、
患者さんの訴えで多かったなぁ…と思うものを時系列で簡単にまとめたものです。
130425【使用版】起こしませんか!腸内革命
(クリックすると別ウィンドウで大きくなります)

81~82年にかけて。昭和に直すと56~57年。
今から20数年ほど前のことになりますか…早いですねぇ。
81年はピンクレディの解散コンサートが後楽園球場であった年だそうですよ。
82年は500円玉やテレホンカードが発行された年ですって。『笑っていいとも!』もこの年から。

この頃、ボクは九大の医学部を卒業し、研修医になりたてホヤホヤでした。
その頃を振り返ると、上の図の中のAにあるように、
「ワタシ、血圧が低いんですよ」と言われる方が多かったように思います。
これについては…真偽は不明です。
(もしかしたら【かよわき女性】の専売特許かも?)
実際には、どちらかというと、言葉とは裏腹に高血圧が増えている印象です。
それと同時に、肥満も増えてきているように思います。

B以降については、これから少しずつお話ししていくことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です