【ベリラクト】のもうひとつの役割-口腔内環境改善


腸内にはたくさんの細菌が住んでいるというお話をずっとしてきましたが、
口の中にも細菌がたくさん。
その数は500種類以上とも言われているほどです。
これらが歯周病や口内炎など、口の中の病気の原因になるのは、blog1
簡単に想像できることでしょう。
ところが、歯周病は糖尿病、肺炎、心筋梗塞など、
全身疾患の原因になることが
研究で明らかになってきました。

実は【ベリラクト】に含まれる
乳酸菌発酵物質・N21には、
口腔内細菌を抑える効果があることも
判明しています。
ですので、腸内環境整備のために
【ベリラクト】を飲むことは、
同時に口腔内の環境整備にも繋がっているのです。
一石二鳥でしょ?

【ベリラクト】は細粒ですので、簡単に口の中に広がります。
口の中のことが気になる方は、歯磨きの後に飲むことを習慣づけるといいでしょう。
口に入れたとき、歯茎に塗りつけるようにしてみてください。
歯周病や歯槽膿漏、虫歯の予防に役立ちますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です