お風呂で腸のマッサージ


寒暖差が大きい時期ですね。
これについていこうと、からだも頑張っています。
1日の終わりには、お風呂で温まってください。
そのときにおなかをマッサージして、消化をサポートしてあげましょう。

おすすめの方法はこちら。内臓をおなかの真ん中に集めるようなイメージで。
◆お湯の温度は41-2度ほど。
◆左のわき腹に両手の指を当てて、とんとんとおなかに向かって押す。これを上から下に。
◆右も同じやり方でマッサージ。
これは腸のねじれを取るための運動。腸の動きが良くなります。
そして、湯船の中で実施することで腸に血が行きやすくなり、消化吸収をサポートしてくれる副効用もあるのです。

体温が上がると、免疫の力も強くなります。
また、基礎代謝もアップ。
湯船につかることは、からだにいいことがたくさんあるのです。
ぜひ、シャワーで済ませるだけでなく、湯船に浸かってリラックスする習慣もつけてくださいね。
湯船でのんびり健康に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です