食中毒と腸活


スーパーに売っているお惣菜を食べた方がO-157に…というニュースを見ました。
小さな子供さんもかかってしまい、重症だとか。
忙しい毎日、時には出来合いのお惣菜に頼ることもあると思います。
ですが、「どんな人が作っているかわからない」というリスクはありますよね。
作った方は、もしかしたらウイルスを持っているのに気づいていないのかもしれません。

今回のO-157、他にも、インフルエンザやノロウイルスなど。
ウイルスが悪さをする病気は様々、あります。
ところが、ウイルスを持っていても症状が出ない場合があります。
なんともないので、本人は気づきません。ですが、感染しています。
このような形を『不顕性感染』と言います。

不顕性感染のお話
調理担当者が不顕性感染者だったために、病気が広がってしまった例です。
上のスライドでは感染性の胃腸炎を取り上げましたが、他の病気もそう。
ウイルスは知らない間に、あなたの目の前にあるかもしれないのです。

こんなときのために必要な対策が、腸活なのです。
腸内環境をよくすることは、免疫が十分な力を発揮できる状況を作っているのと同じ。
ウイルスに強いからだになるためには、必須なんですよ。
ベリラクトベリファでの腸活、食生活への気配り、発酵食品の積極的な摂取。
腸内細菌が活発になるような生活をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です