インフルエンザと腸活


毎年思いますが、腸活を続けている人はインフルエンザにかかる確率が低いです。
これはクリニックで診察していることで実感できます。

定期的にボクのクリニックに来て、腸活のアドバイスを受けてくださる患者さんも多いです。
この方たち、ほぼ風邪もひかず、インフルエンザウイルスとも無縁という印象なんです。
データをしっかり取ったわけではないですが、目の前の患者さんが教えてくれるんですね。
腸内環境を整えることが、病気にならないからだづくりに役立っている証拠。

ラジオでもお話しましたが、これからの季節、特に受験生にとっては重要。
ご家族の皆さんも一緒に、体調管理には特に気を遣う時期に入っていきます。
そして薬を飲めない妊婦さん。体調を崩したくはないですよね。
また、妊婦さんは特に便秘に悩む方が多いです。腸内環境の悪化が気になるところでは?
ご高齢の方や小さな子供たち。周りの人も巻き込んで気を付けてあげる必要があります。
手洗いやうがいはもちろんのこと、ぜひ腸活を取り入れてください。
発酵食品を積極的に摂り、からだを冷やさないようにして、ベリラクトをパートナーにしてください。

余談ですが…「インフルエンザ」という言葉はラテン語なんですよ。

患者さんが教えてくれる【腸活の大切さ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です