作り、育て、出し、我慢しない。


タイトル、なんのことかわかるでしょうか。
そう、何度もテーマに上げている、『便』のことです。
子供向けの記事ですが、とてもわかりやすいのでぜひ読んでみてください。
“よいうんち”をするためにはどうしたらいいのか?

便を作り、育て、出す。
これが自分のからだの中で当たり前にできることがどれだけ重要か。
皆さん、いかがですか。きちんとできていますか?
できている人も、老化と共に腸内は悪玉菌が増えるので、対策が必要です。
そうです。誰にでも腸活が必要!
お通じに悩む人だけが腸活に励めばいいのではないのですよ。

記事の最後あたりに出てきますが、便意を我慢しないことも本当に大切です。
我慢を続けていると、からだが便意を感じにくくなってしまいますよ。
「そんなこと言われても、忙しいからトイレに行く時間も惜しい! 短い時間でスッキリしたい!」
こんな願いも、腸活で解消に向かわせることができるのです。

お父さん、お母さん。
自分の腸活もさることながら、お子さんのことも考えてあげてください。
ご紹介した記事を読み聞かせてあげてはいかがでしょうか。
自分できちんと出せますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です