腸活的「正しい椅子への座り方」


パーソナリティを務める番組では、皆さんからの質問メールにお応えしています。
今日はその中から1つ、ご紹介してみましょう。
「私は姿勢が悪いと言われています。姿勢が悪いと腸にどんな影響がありますか?」

…本格的に話すと3時間くらい話せるテーマです。
その中から今回は椅子の座り方について。

まずはいつも通り、椅子に座ってみてください。
…今、胃のあたりでからだが2つに折れていませんか?
この折れたところで腸も曲がり、お通じもそこで通らなくなってしまうんです。
背筋をまっすぐ伸ばして座ると、そこがすっと伸び、お通じもさっと下りるようになりますよ。

では、背筋を伸ばして座るには、どうしたらいいか…コツをお教えしましょう。
こんな感じのイメージをしてください。
「あなたは今、頭のてっぺん(大泉門)からぐっと串を差し込まれています。
 その串は、そのまままっすぐ、肛門に抜けていきます。」
想像しながら、胸を張ったりせず、肩や顎の力も抜きましょう。
この状態のとき、背骨を横から見ると、キレイなS字カーブを描いているんですね。
これが、からだの全てにとって、健康を保証するいい姿勢です。

デスクワークで座りっぱなしという方も多いですよね。
正しい姿勢、意識して座ってみてください。
椅子への座り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です