冬の病気に備えましょう


一気にぐっと気温が下がりました。
同時に、空気の乾燥も感じますね。
そろそろ冬に流行る病気についても注意が必要です。

やはり代表的なのはインフルエンザですね。
まずはA型が流行ります。B型が流行るのはその後と言ってもいいでしょう。
また、感染性の胃腸炎にも気を付けたいところです。
ただ、自分がどんなに気を付けていても、思わぬところでウイルスが近づいてきます。
不顕性感染というものをご存知でしょうか。
自覚症状が出ないため、自分で感染に気付くことができないのです。
ということは、その人はいつもどおりに日常生活を送っているんですね。
そして知らずに感染源になり、周りに病気をうつしてしまう…というわけ。
以前もテーマに取り上げたことがありますので、そちらの記事もご覧ください。

さて、自分でできる対策はなんでしょう。
手洗い、うがい…それもそうですが、何よりも「免疫力を高めること」が大切!
そのためには、腸活です。免疫の力は7割を腸が決めていますから。
寒い季節を健やかに過ごすコツは、腸が握っていますよ。気付いてくださいね。
不顕性感染

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です