オリーブオイルの選び方


ご家庭でオリーブオイルを使っていますか?
お通じ対策で腸活の一環として、オリーブオイルをスプーン1さじ飲む…というのも見かけます。
さて、どんなものを選んでいるでしょうか?
…どうして急にこんな質問をしたかというと、このような記事を見つけたからです。
あなたのオリーブオイルは大丈夫? ニセ物が横行するオリーブオイルビジネス

以前、腸活セミナーでもオリーブオイルのお話をちらっとしたことがありました。
151028
国際オリーブ理事会…IOCという国際機関があります。
ここが『エキストラバージン・オリーブオイル』と呼べるものの基準を定めています。
・酸化度が0.8%以下
・生の新鮮なオリーブの実から物理的な処理(粉砕や圧搾、遠心分離など)のみで抽出
こんな感じで決まりがあるのですが、日本では、IOC基準に満たないものがほとんど。

『ピュアオリーブオイル』という肩書がついたものがありますね。
これは低品質のオリーブやバージンオイルを搾った後の搾りカスで作ったもの。
溶剤や高熱で脱臭、脱色し、バージンオイルを混ぜて味や香りをつけています。

腸活の見方になってはくれますが、選ぶときにはちょっと注意が必要です。
先に挙げた画像のヒントを元に選んでみてはいかがでしょうか。

「オリーブオイルの選び方」への2件のフィードバック

  1. オリーブオイル、日本には基準がないんですね!
    ほとんどが偽物とはビックリポンです
    私はネットで海外のものを買っていますがね、、、

    1. 原口様、ありがとうございます。
      どうせ使うのだったら、質の良い、本物を使いたいものですよね。
      表示などを改めて確認するのも、意識付けの1つの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です