世界保健機構のインフルエンザワクチンに対する声明


「WHO(世界保健機構)が、インフルエンザワクチンは無効なので奨励しないと発表」
2014年、こんな誤った記事が一気にネットを駆け巡りました。
目にした方も多かったのではないでしょうか。
予防接種は意味がないなんて!他の人にも知らせなければ!と思った方もいたことでしょう。

ところが実際のWHOが出したインフルエンザの声明はまったく正反対です。
WHOのインフルエンザに関するホームページでは特集があります。
Global Action Plan for Influenza Vaccines (GAP)」(英文サイトです)

このキャンペーンにおいてWHOは、以下の3つの柱を掲げ、ワクチン接種を推奨しています。
1) Increase in seasonal vaccine use(季節ごとのワクチン接種を増やす)
2) Increase in vaccine production capacity(ワクチン生産態勢を増やす)
3) Research and development(研究と開発の推進)

心ある大学教授の指摘に従い、発信元は既にこの誤った記事を削除しています。
どうか皆様方も、誤った記事に惑わされないよう、お願いします。
0-56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です