大腸カメラを受ける意味


公式FBに先日投稿した内容です(See Moreをクリックすると全文が表示されます)。

大腸カメラ検査を受けた経験がある方、受けるきっかけとなった出来事はなんだったでしょう?
恐らく大半が「検便で陽性反応だったから」ではないでしょうか。

様々な病気が免疫の低下を原因の1つとして現れます。
大腸カメラのために腸が綺麗になった時点を、腸内環境整備のスタートラインにしてほしいのです。
免疫の7割を作る腸がせっかく綺麗な状態なのですから…。

この、大腸カメラ後のケア、本当に大切だと思っています。

大腸カメラに至るのは「便検査」で潜血反応が出た場合がほとんど。しかし、かぜをひきやすい、花粉症デビューした、何度もおなかを壊す、などの症状は腸からの免疫低下のサイン。それをきっかけに大腸カメラをすることでよりいっそう大腸癌対策になるので…

Posted by 腸内環境を大切にする胃腸のスペシャリスト! 田中宏明 on 2015年9月8日

さて、来週ですが、諸事情でボクの更新はお休みです。
スタッフの岩橋がピンチヒッターとなってくれますので、どうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です