腹部の触診


日常の診察の際、ボクは必ず患者さんのおなかを触ります。
すると、こんなことに気づきます。
残便のある箇所は冷たい?
おなかの表面温度が冷たい場所があるのです。

場所としては、横行結腸やS状結腸のあるあたりに注意します。
ここが冷たいと、恐らく、この部分に便が溜まっていると考えられます。
便が残っていると、腸内環境が悪化します。すると、冷えるのです。

調理用の器具で、実際に表面温度を測ってみたことがありました。
横行結腸の部分が、低い例で24~30度、S状結腸では26~31度でした。
体温よりも低いのは、数字を見れば明らかですね。触っても全然違います。
ご自身でも、触って確かめてみるといいかもしれません。

腸内環境を知る手がかりとして、触診は欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です