タンパク質、そしてアミノ酸


前回までの『ビタミンとミネラル』をテーマにした投稿の中で、
「からだの主成分はタンパク質」というお話をしました。
ここをさらにクローズアップしてみましょう。hghz

筋肉、爪、髪、骨、歯、
血管、皮膚、内臓などなど…。
これらを構成する
ひとつひとつの細胞の全ては、
タンパク質が常に入れ替わって
生命を保っています。
また、体内の細胞は細胞膜で覆われています。
ここで行われる、呼吸や細胞分裂などの複雑な代謝に関わる酵素もまた、
タンパク質からなっています。

これらのタンパク質を構成するのがアミノ酸です。
人体にあるアミノ酸の総量は、体重の1/4と言われているのをご存知でしょうか。
60kgの方であれば、実に約15kgがアミノ酸…ちょっとびっくりしますよね。
食事で摂取されたアミノ酸は、
体成分を合成したり、細胞や血液中に存在して臓器の働きを助けたりします。
しかし、老化や疲労、また病気といった状況で特定のアミノ酸の需要が増ると、
20種類あるアミノ酸をすべて含んでいる食事を摂っても不足してしまいます。
そこはサプリメントで補給してください。
ボクも使っているリ・アージュがお勧めです。

実は、ボクがサプリメント開発を志したスタートは、アミノ酸なんです。
その辺のお話は、またいずれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です