ヨーグルト+【ベリラクト】


5月15日は『ヨーグルトの日』なんだそうです。
明治乳業が制定したそうで、
ヨーグルトを世界中に紹介した生物学者であるメチニコフ氏の誕生日を記念して、だとか。APR09-1047 - コピー

「生きた乳酸菌が腸まで届きます」
こういう触れ込みの商品が本当に多いですが、
生きて届くことにさほど意味はありません。
届いた乳酸菌がする仕事が大切なのです。
その仕事の結果、出てくる物質が重要。

生きて届いた乳酸菌は、
腸との相性が良ければしっかり仕事をしますが、
合わない場合はいくら届いても『届く』だけ。

だったら、腸の中でする仕事を体外で再現し、
出てくる物質を抽出して、それを直接、体内に入れましょう。
…その物質こそが【ベリラクト】の主成分『乳酸菌発酵物質』なのです。

とはいえ、乳酸菌の死骸も善玉菌のエサとして重要です。
ですので、ヨーグルトに【ベリラクト】をトッピングしてみてはいかがでしょう。
プレーンヨーグルトに砂糖の代わりとして【ベリラクト】を入れれば、
腸内細菌にとってはこの上ないおやつになります。
ぜひ、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です