寝るときの環境に気を付けましょう


台風の発生や比較的大きい地震などいろいろとありますが、
皆さん、お元気でしょうか。
気温の上昇幅も大きいですが、体調を崩していないでしょうか。イベント告知

湿気も多くなり、
暑さを感じ始める時期。
寝るときの環境作りにも
気を配ってもらいたいものです。

寝ている間に
汗をかけない環境ですと、
からだの中に水が溜まります。
朝方、気温が低い中、
この状態で眠っていると
冷えの原因となるのです。

汗をかくのは確かに
あまり気持ちのいいものでは
ないかもしれません。
しかし、体内に水を巡らせるため、
発汗は重要なこと。
除湿や冷房のしすぎは絶対にNGです。
寝ているときでも、「我慢できる程度の暑さ」が目安。
じんわりと汗をかける程度に、部屋の温度を設定しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です