老化と腸の関係について


中高年になると、自然と腸内バランスが変化していきます。
悪玉菌の比率がどうしても増えてしまい、腸内環境が悪化するのです。
残便が増え、それが腐敗すると有害成分が濃縮され、血流に乗って全身に運ばれます。

腸内細菌バランスの変化。
これをそのままにしてほおっておいてしまうと、さらに全体の老化が進んでしまうんです。
若い頃と同じように、善玉菌優位の腸内環境を保つことは、老化遅延の大きなキーポイント。

また、40歳を過ぎたあたりから、糖の代謝の効率が悪くなります。
それまでの食生活と同じでは、肥満の原因になるのです。

大きな病気を抱えたまま長生きするのは苦しいものです。
長生きを目指すなら、『健康寿命を延ばす』ことを意識しましょう。
そのためには、日頃の小さな心がけがとっても大切。
腸活もその心がけの1つだと思って、今日からでも実施しましょう。
食事だけですべて賄うのは大変ですから、サプリメントも活用してください。
腸活応援サプリ・ベリラクトは、長生き応援サプリでもあるのです。

150512

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です