加湿の季節から除湿の季節へ


まだ肌寒く感じることもあるような毎日ですね。
からだを冷やさないように気を付けたいものです。

さて、春と夏の間には、湿気の多い梅雨の時期が。
冬場は乾燥して加湿しますが、今度は反対に除湿が必要な季節になります。

食べ物の衛生管理に気を遣う必要も出てきます。
買い置きのパンなど、食べるときにカビを見つけ、驚くことがありますよね。
小さなお子さんが簡単に口に入れないよう、保管場所にも注意です。
お料理もできるだけ食べる分のみ。
大量に作ったら必ず冷蔵・冷凍を。

湿気に関連する悩みとして、からだのニオイも挙げられますね。
汗などが多くなり、蒸れたりすることもあるでしょう。
あまりに気になるようなら、細目に下着を変えるなどの対策を。

また、からだの中からの対策…腸内環境整備も必須です。
ニオイの素になる毒素は、きちんと排便などの正式ルートで排出すべし。
善玉菌たちに頑張ってもらえる環境をベリラクトで整えてあげましょうね。
150415

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です