インフルエンザについて思うこと


明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

クリニックも診察初日の今朝から、既にA型インフルエンザが5名出ています。
「ワクチンが合ってない」
そんな噂もありますがそれより『免疫力が低下した方が多い』…このことが問題としか思えません。

若い方が多いのは例年どおりなのですが、今年、改めて思うこと。
当院に定期的に来院される方でインフルエンザにかかる割合は、少ないのです。
特にご高齢の方は。

老齢の方はこれまでにインフルエンザとの付き合いも長いです。
このことで免疫ができているという言い方もできるかもしれません。
しかし、今年、つくづく思うのは、長年、通っておられる患者さんについて。
定期的に大腸カメラを行い、検査後に当院では必須の腸内環境改善を維持されている方々がいます。
このような方々の中で、インフルエンザになられた方は皆無、という事実です。

大腸カメラは検査であると同時に健康への大きなステップになります。
カメラ検査の準備で綺麗になった腸内は、環境改善スタートの大きなチャンス。
腸活を始めるタイミングとして、ベストなのです。
逃してしまってはもったいないですよ!
加齢とともに悪玉菌は増える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です