【ディスバイオーシス】と【リーキーガット】の治療


数回に分け、【ディスバイオーシス】と【リーキーガット】についてお話してきました。
では、もしこの2つのような状態になってしまったら、どうしたらよいのでしょう?
セミナーでは3つ、ポイントを紹介しました。
『原因除去』『腸壁の修復』『腸内環境整備』です。
141121

原因除去を考えた場合、食生活への関連は欠かせません。
気を付けたいのは糖質。
甘いものはもちろんですが、炭水化物の量にも注意が必要!
糖質は、実は腸には不要です。しかし、脳が欲しがるのです。
欲しいままに食べ過ぎてしまうと、腸は消化で疲れてしまい、腸内環境の悪化に繋がります。
ゼロに、とは言いませんが、食べ過ぎないこと。食べるときはよく噛むこと。
非常に大切です。

腸壁の修復には、グルタミンを多く摂ることが必要!
病気のときなどは特に、1日に20~30グラムを補充したいところ。
そうじゃないときでも、 1日5グラムくらいは摂りたいですね。
とはいえ、5グラムというとお刺身2人分ぐらい必要。
それを全て食生活の中で摂ろうとするのは難しいものです。
こういうときに使っていただきたいのが、サプリメント。
あくまでも食事中心で栄養を摂るように心がけ、足りない分をサプリで補いましょう。

腸内環境整備は、言うまでもありませんね。
善玉菌を増やすことで、日和見菌が味方してくれます。
これが『良い腸内環境』に整える秘訣!
ぜひベリラクトで自分の中の善玉菌を育てて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です