あの症状の原因は腸にあるかも?


前回の投稿でのキーワード、【ディスバイオーシス】と【リーキーガット】。
今回はどんなものなのかを簡単に。

腸内細菌のバランスが崩れて、玉菌が増加したために、腸内環境が悪化した状態。
これが【ディスバイオーシス】です。
この状態が原因となって、腸の粘膜の防壁に穴が開いてしまいます。
するとその穴から、本来であれば入るはずのない毒素や有害物質などが、体内に入り込んでしまうのです。
【リーキーガット】はこの状態のことを指します。

出てくる症状は多岐にわたります。
腹部の張り、下痢、便秘など、腸に関するものはもちろんのこと。
他にも、食物に対するアレルギーや喘息、ホルモンの異常も。
うつ、不安感、イライラといった精神状態への影響もみられます。
さらにニキビや湿疹など、肌トラブルにも繋がっていくのです。
これだけ見ても、どれほど幅広いところに影響があるか、おわかりいただけると思います。

いったい何が原因なのでしょう?
次の投稿ではそれを紹介します。

141118

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です